評判のよい水道業者に依頼する前に元栓を閉めておく

■水漏れが発覚したら元栓を閉めるのが基本

水漏れは突然発生するので、いざというときに慌ててしまう人も多いでしょう。そんなときでも慌てないようにするには、どう対処したらよいのかを知っておくことです。自分でも修理が可能だと自信を持っている人でも、全く自信がないので専門家に任せたいという人でも、必ず最初に行うべき点があります。それは元栓を閉めることです。そうすれば水の流れは止まるので、水が漏れてこなくなるでしょう。ただし、水漏れが直ったわけではないので、必ず修繕しなければいけませんが、応急処置として絶対に行う作業なのです。
ここで重要なのは、元栓がどこにあるのかを事前に知っておかないと意味がないので、引っ越しをしたときに確かめておきましょう。一軒家に住んでいるのであれば、水道の量水器ボックスが必ず設置されているので、この中に収納されている場合が多いでしょう。量水器ボックスは通常地中に埋められています。マンホールのような四角い蓋が存在しているので、開ければ出てきます。青色に塗装されているケースも多いので、比較的発見しやすいでしょう。
集合住宅の場合には、部屋数が多くて階層の高いマンションであれば、パイプシャフトに備え付けられているのが一般的です。パイプシャフトは玄関の扉を開けるとすぐ隣に備わっていることが多いでしょう。アパートや階層が低く、部屋数の少ない集合住宅では、2階へ上がる階段の付近や廊下などの共用スペースに設けられているのが普通です。しっかりと家全体の水の流れを止めておけば慌てる必要がないため、安心して評判のよい水道業者を探し、信頼できるところに依頼できるでしょう。

■個別に備え付けられている元栓

元栓は大きく分けると2種類存在しています。それは家全体の水を止めるために設置されている元栓と、個別に設置されている元栓です。個別とはトイレやキッチンなど、その場所に限定して水を止めるために使用するバルブになります。これを止水栓と言います。例えばトイレから水漏れをしている場合、キッチンや風呂場などは水を出しても全く影響を受けません。そのため、家全体の水を止める必要はないので、トイレだけ水が出ないようにしてから修理をすることができるのです。他の場所でも同じことが言えるでしょう。
設置されている場所も発見しやすいのですが、トイレであれば壁から出ている給水管の部分に取り付けられているのが一般的です。タンクから給水管をたどっていけば、簡単に発見できるでしょう。ただし、水道の蛇口のような形をしているのではなく、マイナスドライバーを使って止めなければいけない造りになっています。キッチンは流し台の下にある収納の中に設置されていることが多いでしょう。収納部分の扉を開けて、懐中電灯などで明るくしてからバルブが取り付けられているところを探しましょう。トイレと同じようにマイナスドライバーを使うタイプと、ハンドル式になっているタイプの両方があります。洗面台は給水管と排水管の中央部分にハンドルが設置されているタイプが一般的です。ユニットバスの場合には、トイレと風呂、流し台の水が同時に止まるタイプが多いでしょう。これだけでも知っておけば、いざというときに役立ちますし、落ち着いて評判のよい水道業者まで連絡することができます。

■元栓や止水栓が故障したらどうするのか
水漏れが起こった場合、まずはその場所の水の流れを止めるために、止水栓を閉めてしまう必要があります。しかし、止水栓も時間の経過や災害の影響などで故障する可能性もあるでしょう。万が一止水栓が壊れたならば、家全体の水を止められる元栓を閉める必要があります。
では、元栓が故障したらどうするのかというと、水道局へ頼むのが一般的です。ナットが緩んでいるなど、ちょっとしたことが原因で修繕できれば自分でも行えますが、修理が難しい種類もあるので専門家に任せた方が安心できるでしょう。ここで注意点があるのですが、元栓と止水栓では依頼先が異なります。評判を調べるのと同時に、万が一のときにはどこに助けを求めればよいのかも確認しておきましょう。
公道の地下などに埋設された水道管から敷地内へ配管を引き込んでいる部分は基本的に個人の資産となるため管理責任が発生します。しかし、修理の範囲に関しては水道管から宅地に設置された水道メーターまでは水道局が担当し、水道メーターより敷地内に関しては個人で修理業者を手配することとなります。
そのため、敷地内の各種止水栓の故障であれば、自治体の指定を受けている普通の水道業者で問題はありません。しかし水道メーター部分に設置されている元栓が故障した場合には、水道局に直接連絡をして対処することになります。特に元栓が故障していると、水が止められない可能性もあるので、必ず連絡をしたときに、水道局から指示を仰ぐ必要があります。自分で勝手にいじると余計悪化する危険性もあるので、基本的には何もせず、素早く電話することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ