マンションの水道で水漏れが置きた場合

■マンションで起こる水漏れの原因

一見丈夫そうなマンションにおいても、水にまつわるトラブルは起きやすく、時には大きな被害が発生します。配管を通す穴から水が伝われば、周囲にも被害を及ぼす可能性があります。戸建てでは自分たち家族しか住んでおらず、一般的に水道のある1階にのみ被害が集中するのに対し、水道配管の下にも住居スペースのあるマンションでは、水漏れの規模が大きければ階下にまで被害が及びます。莫大な賠償金が請求される場合もあるので、たかが水漏れと甘く見ることはできません。
事故の原因の一つに入居者による不注意が挙げられます。主に風呂場で起きるもので、浴槽に水を貯めようとして蛇口を開けたまま放置しておき、排水口の処理能力を超えて浴室から水があふれるケースがこれにあたります。また、洗濯機の排水口が外れていたりするケースもあります。
人為的なことが原因となるもう一つの例は、排水口などに流してはいけないものを流すケースです。トイレに水に溶けないものを流すケースもそうですが、キッチンで揚げ物の油を処分しようと排水口に流すのも、つまりの原因となります。いずれにせよ不適切な使用方法を続けていれば水漏れが発生しやすくなるので、注意が必要です。
ただし、入居医者の不注意だけに原因があるわけではありません。水漏れが起こるもう一つの原因として、設備や建物の老朽化によって起こる場合も考えられます。排水管の老朽化によるひび割れや外壁のひび割れによる雨漏りなどは、個人では防ぎようがありません。経年劣化した物件の場合は、設備自体の老朽化についても考慮しておいたほうが良いでしょう。この場合は管理会社など管理する側の責任になります。

■自分の部屋における水漏れの場合

自室で水漏れが起きたとき、天井から水が漏れている場合は、まずマンションの管理人や管理会社、管理組合などに連絡します。原因を突き止めるのはあくまでも管理している側で、自分で原因の究明を行わないようにすることが大切です。少しでも早く相談すればそれだけ被害の拡大が防げます。また、被害状況を写真に残しておくことも後々のトラブルを未然に防ぐことにつながります。
上の階から水が漏れている場合はその住人の部屋を調査しなければなりませんが、この場合はなるべく管理人などを通すか、管理人に代わりに調査してもらうようにしましょう。勝手に自分だけで調査に入ろうとすると、住人間のトラブルになるなど、協力が得られにくくなる場合があります。
また、自分の部屋で水漏れが起こってしまった場合は、速やかに原因を排除するのが大切です。水道に何らかのトラブルがあれば管理人などに事情を説明して、水道工事店に修理をお願いします。そして管理人から下の階の確認をしてもらって、被害が発生していないかどうかを確かめることが大切です。
さらに、自分でも意図していない水漏れが発生して、知らないうちに階下の住人に迷惑をかけているケースもあります。もし階下の住人や管理人などが訪れた際には誠実な対応を心がけ、積極的に協力してください。
まずは原因究明と被害の拡大防止が一番大事です。床下の水道配管が破損していた場合は責任を問われることはありませんが、それを調べるためにも上の階の床板を外すなどの調査が必要となります。

■内容によっては保険が使えるケースも
マンションによっては、共用部分の水道で水漏れが起こって被害が発生している場合もあります。原因事によって誰の損害保険を使用するのか違うという点に注意しましょう。
まず共用部分が原因で起きた場合は、管理会社の加入している保険が適用されます。この場合使用されるのは、マンションで加入している火災保険やマンション全体を対象としたマンション保険です。この保険を使用して修繕費用をまかないます。
施工段階で問題があって、水道管から水漏れが発生した場合は施工会社の責任となります。その業者が工事保険に加入していれば内装修復や電気製品の修理に当てられ、大規模修繕瑕疵保険に施工業者が加入していれば給排水管が原因で起きてしまった損害でも修繕費用に当てることができます。
原因が個人にある場合は、話が少々難しくなります。水漏れによって被害が発生した場合は賠償責任保険が適用されます。しかし、この保険は通常単体での契約は行っていません。賠償責任保険に加入する際には火災保険や自動車保険のオプションとしてつけられるものなので、火災保険と一緒に加入しているかどうかがポイントとなります。また、保険会社によっても賠償責任保険の対象や負担金額などの契約内容が変わっていて、損害の100%をまかなえるのか、被害者の立場になっても使用可能なのかは、一度約款を確認することをおすすめします。
なお、賠償責任保険は個人で契約するものですが、管理組合によっては住人全体で一括加入している場合もあるので、入居の際などに管理組合に確認してみるのも良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ