節水対策の情報と水道修理業者の評判

■節水目的でトイレタンクに瓶を使用することについて

トイレタンクには、大と小の2つの方向でレバーを回すことで水を流すことができる機能が設けてあります。レバーをいずれかの方向に回したときには、大の方向であれば大量に水が流れる、小の方向では少量の水が流れることになります。仮に、大便をしたときには大の方向に回転させるケースが多いですが、これは小の方向では十分な水で流しきれないため、意図的にいずれかの方向に回すことを覚えている人が多いわけです。
便器に流れる水を見たときに、レバーの小方向では少ないものの大の方向では水の量が多いのではないか、このように考える人もいるのではないでしょうか。トイレタンク内の水の量は大便もしくは小便をきれいに流し切る、便器の洗浄を考えて設計されています。
節水目的でタンク内に瓶を沈めておくと十分な水圧を作り出すことができない、排泄物を下水に送り出せなくなってしまいます。瓶を利用するアイディアは画期的なもののイメージがあるものの、水圧が低くなるので詰まりの原因になることも少なくありません。仮に、タンク内に瓶などを沈めている人は、なるべく早めに取り除いて本来の水圧で排泄物を流し終えるように戻しておくことをおすすめします。瓶を入れておくとタンク内の部品の故障の原因にも繋がって来ます。例えば、水が止まらなくなってしまうなどの原因は部品の故障によるもの、原因を究明すると内部に沈めてある瓶が障害になっているケースが多いです。タンク内にはボールタップや浮き球、フロートバルブなどのように動作する部品が多数あるので、これらの動きを妨げてしまうリスクを持つことを覚えておきましょう。

■節水目的で止水栓を閉じるのはOKか

水道設備には元栓や止水栓と呼ぶ弁が設けてあることをご存知でしょうか。住宅内の水道設備すべての給水を停止させるのは元栓、浴室の蛇口や洗面所、もしくはキッチンそれぞれの水道設備の水を停止させるのが止水栓です。節水の目的でこれを調節して水を減らすやり方がありますが、これもトイレタンク内の瓶と同じでできればやらない方が良い手法です。例えば、水道メーター付近に設置されている元栓を少し閉めると水圧が弱くなりますが、シャワーがちょろちょろとしか出なくなったり、タンクレストイレの水圧が下がって詰まりの原因になるなど却って不具合の原因となる可能性があります。
一方で止水栓で水の量を操作しておけば、キッチンの蛇口からの水が多いと感じたときにレバーで調節するのが面倒に感じたり、レバーを回し切ったときでも少量の水で洗い物ができるなどがあります。止水栓も程よい締め方であればさほど問題にはなりませんが、極端に減らしてしまうと蛇口を全開にしてもお湯が出て来ないこともあります。これは、一定量の水が流れないと湯沸かし器や給湯器が作動しないために起きる現象です。資源を大事にすることはとても良いことではありますが、止水栓を調節して水を減らすことは設備の故障に繋がりかねないため避けたほうが良いでしょう。
節水対策としてはこまめに水を止める、顔を洗ったり歯磨きをするときには洗面器やコップに水を溜めて使用するなど、オーソドックスな内容が適しています。

■評判が良い会社は修理時にもアドバイスを行う
一般的なトイレはタンクの中に水を溜めておいて、使用し終えたあとにレバーを回して水を流す仕組みとなっています。最近は節水型のトイレに人気が集まっており、こちらはタンクがないのが特徴です。そのため、タンクレストイレなどとも呼ばれています。このタイプの場合、水道管と便器が直結しており、使うときだけ弁を開けて水を流す仕組みになっているなどからも、節水効果を期待することができます。瓶を利用すると故障の原因になる、水道代を節約するのであればタンクレストイレが良いなどの評判もあります。
ちなみに、タンクがあるトイレのときにも止水栓を調節して水を減らしている人も多いですが、これは水の節約なるものではなく、あくまでもタンクに給水する際の水を減らしているだけ、余計に時間がかかるなどのデメリットがあります。実際に水の量をコントロールしているのは浮き球と呼ぶ部品で、浮き球の上下の動きにより給水弁を開閉しているため、タンク内の水の量の変化はありません。
少しでも水の量を減らして節約をしようと考えることは良いことではありますが、それによってさまざまなデメリットも発生してしまうので、評判を調べるなどして行うべきか否かの判断が大切です。水道トラブルなどで修理業者に依頼をする機会もあるでしょう。評判が良い水道の修理業者の場合は色々なアドバイスを行ってくれますので、相談してみると良いです。尚、止水栓はなるべく触れないことが故障を予防するコツに繋がるもので、止水栓を使うときには水トラブルの修理を行うときのみするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ