水道からの水漏れは元栓を締めて対処しよう

■元栓と止水栓の違い

水漏れが止まらなくなって、元栓や止水栓を止めたりしたことがある人もいるでしょう。例えば蛇口からの水漏れが止まらない場合このどちらかを止めて修理します。引越した時には、万が一トラブルが起こった時のためにすぐ対応できるよう、各止水栓がどこにあるのか説明を受けたり確認する事が大切です。
同じ水を止める設備ですが、この元栓と止水栓には違いがあります。水はメーターを通して各家庭に入ってきます。元栓はそのメーターの前にあります。一方、止水栓はメーターを通った後、水まわり設備の前にあります。元栓の部分が壊れた場合、水道料金に影響しません。つまり各家庭の責任での修理ではなく、水道局に通報して水道局の責任で修理します。止水栓の部分は当然水道料金が発生している部分なので各家庭が費用を負担して修理します。
元栓は一戸建ての場合道路等に通っている水道管から敷地に入る付近の地面に設置されています。集合住宅では玄関付近にあるのが多いです。元栓は一つしかありませんが、止水栓は各箇所にあります。キッチンは流し台の下にあったり、トイレはタンクの近くにあります。元栓は家全体の水道水を止めるもので、管理責任は所有者や使用者ではなく水道局側にあるため、壊れたからといって個人の判断で勝手に修理はできず、水道局に連絡を入れて対応してもらわなければなりません。

■水漏れした場合の応急処置

元栓や止水栓は常に正常に作動しているものと思われがちですが、長い年月が経過すれば水漏れすることもあります。止水栓から水漏れがする場合、元栓を閉めることになります。床が水に濡れた場合は床材が変形しないよう良く拭いて乾燥させることが大切です。水漏れ原因としてはパッキンが摩耗したり、ナットが緩む場合が多いです。単にナットが緩んでいるだけの場合は特に修理は不要で、緩みをきつく締めるだけで水漏れが解消すれば問題ありません。
水回りの設備には、それぞれ蛇口の近くに止水栓が設けられています。例えば、キッチンや洗面台などはシンクや洗面ボウルの下の収納スペース部分に取り付けられていることが多いです。設備によっては板などの止水栓カバーで隠されていることもあります。トイレの場合は、タンク付近に銀色の配管が床や壁から突き出しており、そこに止水栓が付いています。便器から目立たない位置に取り付けられていることもあるなど、住宅によって状況は異なることがあります。風呂場のシャワーの止水栓の位置はわかりにくい所にあります。壁付けタイプの蛇口の場合には、蛇口本体に止水栓がついていることが多く、マイナスドライバーで回せる部分がありここを操作して止水します。止水栓には蛇口のようにハンドルがついているタイプや、マイナスドライバーなどの道具が必要なタイプがありますが、どちらも時計回りに回すことで水を止めることができます。止水栓を触る場合は何回転回したか覚えておくと、元の水量に戻しやすくなります。いずれの場合も止水栓が見つからなかったり、固く固着して回すことができない場合、もしくは止水栓を閉めても水が止まらない場合には、元栓を締めて水をストップさせてください。

■各種水回りのトラブル応急対処法
ご自分でできる例として、混合水栓の修理法について手順を述べます。一つの蛇口にお湯と水のハンドルがある2ハンドル混合水栓、シングルレバーを上下左右に操作して温度と水量を調節するシングルレバー混合水栓、主に浴室で使用する湯温調整機能のついたサーモスタット混合水栓の3種類があります。
作業を始める前には止水栓を止めて水栓部分を分解し、パッキンなどの劣化している部品を新しいものと取り替えます。ナットの緩みが原因である場合やゴミがたまっていたために水漏れしていた場合もあります。元に組み立てる時にはきれいにクリーニングを行い、緩みのないよう適切に締め付けます。これで完全に止らない場合は新しい器具に交換するか、業者にお願いするしかありません。
この他で気になるトラブルで、ウォーターハンマー現象と言われるものがあります。水道の栓を閉めたり開けたりした時にガンといった変な音が聞こえた事はありませんか。これは水道管内部の圧力が急に変化したことによるものです。水撃防止装置の劣化で起こることがあるので取り替えれば解決します。ご自分で出来る応急措置としては蛇口をゆっくり閉めると水圧の変化が緩やかになります。元栓を少し絞ってみることでも水圧が小さくなるので改善する場合があります。
これで改善しない場合、配管自体が古いことが原因の場合も考えられます。放置しておくと壁内部の配管からの水漏れに繋がる場合があるので、専門の信頼出来る業者を呼んで点検してもらって問題があれば早目に修理されると良いです。このようにご自分でされる場合、工具や交換部品をそろえなければなりませんし、時間も手間もかかります。業者の見積もりがリーズナブルであれば、最初からまかせる方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ