水道にかかわる大事な受水槽のトラブルは評判の修理業者へ

■ビルやマンションなどの給水

ビルやマンションといった大きな建築物では、受水槽から水の供給が行われます。水道をひねると水が出るのは同じですが、経路は全く異なります。水道から供給される水をいったん受水槽に貯めておき、そのあと必要とするところにポンプ等で分配していくのです。そのため、水の品質管理において受水槽は大事な役割を果たしています。法律として、10立方メートル以上の容積を持つ場合には簡易専用水道という扱いになり、各蛇口までは、建物の所有者が管理責任を負うことが定められています。1年に1回は検査をしなければいけないという決まりもあり、検査方法も検査機関も指定されています。これは義務付けられており、ほかの選択肢はありません。
一方で、容積が10立方メートル以下の場合は、小規模受水槽水道という扱いになります。県や市の条例によって給水開始の届け出が必要であったり、管理基準が定められています。また、ビル管理法の影響も受けるため、内部の掃除は義務付けになります。定期的に施工する必要があるため、依頼する専門の業者の評判はあらかじめチェックしておくとよいでしょう。
点検に関する法律が細かく定められている理由は、水道の安全性を確保する必要があるためです。給水するために一定の圧力を維持しなければならないため、断水したときにもある程度の水の確保が必要です。この負担を軽減させるためにも、しっかりと稼働してくれなければならないからです。

■受水槽の必要性

受水槽が必要な理由としては、大型施設など一つの建物で大量の水を使用することがある場合、周辺の施設や住宅に影響を与える可能性があるからです。都市部など多くの施設が集まっているところでは、水道の需要が局所的に集中します。各所で必要な水圧が得られるようにしていますが、水圧不足に陥る可能性もゼロではありません。必要とする場所に水を分配した結果、他のところで水圧不足でほとんど水が出ないということがあれば生活にも支障をきたします。水道としての役割も果たせなくなるため、いったん受水槽で受け止めて分配するという方法で水圧を確保してきました。ほかにも工場で水を使用する際、万が一のときに水が汚染されるような危険性があるような場所でも使われています。
各戸への配水方式として一般的なものは、ポンプを使って水を高所に引き上げておき、落下する力を利用する方法です。この場合受水槽は、屋上などに設置されています。構造としてはわかりやすいですが、圧力の問題もあり、使えるのは10階程度までです。これ以上の高さになると、全く別の方法を取るか、減圧弁を使う必要があります。
小規模な建物の場合には、ポンプを使って配水していくポンプ直送方式が使われています。この方法は、ポンプの台数を変えると送水能力を変化させられますし、ポンプの回転でも違いが出せます。仮に使用量が増えるとしても、対応しやすいところがメリットと言えるでしょう。
圧力水槽方式は、受水槽そのものに圧力をかけて貯蔵します。この内部圧力を利用した給水方法であり、やはり小規模な建物で使われてきました。どの方法も特色がありますが、トラブルを起こせば配水能力が止まり大きなトラブルとなるため、普段から評判のいい修理業者を調べておかなければいけないでしょう。

■水漏れの問題が出たときには
受水槽は、建物の水を司る大事な部分です。トラブルが起きれば、それだけで多くの場所の水回り設備の機能が止まります。水漏れでも起きれば大惨事になるケースもありますし、管理方法を間違えれば大損害を生み出す可能性もあります。適切な管理が必要であり、何かあればすぐにでも対応できる修理業者を抑えておく必要があります。
水漏れなどのトラブルが起きてしまう原因はいくつかありますが、ひとつは部品の劣化です。配管が接続される以上、どうしてもパッキンが経年劣化すれば弾力がなくなります。その結果、すき間ができ水漏れが起こるため新しいものへ交換しなければいけません。
その他にも、本体にクラックが入り水が漏れてくるケースがあります。FRP製の受水槽が大半ですが、割れてしまえば水が漏れだします。屋上など外部に設置されるのが一般的であるため、紫外線からの影響を多大に受け弾力性がなくなるなど、徐々に劣化が進んでしまいます。このような状態で地震などの強い力が加われば、破損に繋がり水漏れする原因になるでしょう。クラックが入ってしまったら、FRPを張り付けて補修する方法があります。ただし、どの程度の劣化が進んでいるのかによっても作業は異なり、もし大掛かりな工事が必要となればかなりの費用が必要になります。
寿命は15年程度ともいわれているため、大きな被害が出てしまう前に、評判のいい業者に点検を依頼しておくと安心です。問題があれば、水道を守るために交換工事を考えておいたほうが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ