浄化槽のことは評判の良い水道工事業者に任せるのがおすすめ

■浄化槽の特徴について

トイレが水洗式だと使用後の汚水は下水道やコミュニティプラント、浄化槽のいずれかに流されることになります。さらにそれぞれの方法で汚水が処理され、最終的には川などに流されます。
浄化槽というのは、排水された汚れた水を微生物によって浄化してから川へと流す装置のことを指します。これは各家庭に設置されており、非常に身近な水の処理施設であるという特徴があります。かつては水洗式トイレから排出される水のみを扱う単独式のものを設置することができました。しかし現在では下水道予定処理区域を除いてトイレだけでなく、台所や浴室などからの排水を一緒に扱う合併式のもののみ設置可能となっています。
公共の下水道設備がなく浄化槽もない土地を購入した場合には、新たに設置する必要があります。土地を購入する際には、これを設けるための工事が可能かどうかを事前に調べなければなりません。一般的に事前調査は取引を媒介する不動産業者や売主が行います。地形や排水先の量によって自治体から工事許可を受けられないこともあるので注意しましょう。自治体によっては費用に関する補助や融資の制度があるケースも見られます。新築住宅を建てる時には、自治体の制度についても確認が必須です。
水が汚れる原因は、水中に潜んでいる有機物質によるものです。有機物資が含まれている固形物は水の中で動くことにより分離します。さらにろ材などを使って綺麗にしていきます。水を綺麗にしていく方式には様々なものがあります。

■浄化槽の管理者について

浄化槽は下水道が整備されていない地域で、生活排水を綺麗な水にして川などに流すために使用されます。この装置は微生物やろ材によって水中の汚れを取り除きます。家庭では環境を維持するために定期点検や清掃、法定検査をしなければなりません。これらの作業は法律で管理者に義務が課せられています。基本的にこれを行うのは業者や有資格者ではありません。所有者や占有者など管理権限を持つ者が行うことになります。
法律では各家庭で管理をするように定められています。両親などから家屋を相続した場合など、取り扱い方法についてよく分からないまま使用しているケースが見られます。何らかの排水トラブルが起きた場合には、評判の良い水道業者に連絡することになります。しかしトラブルが発生する前に、仕組みを理解して適切な管理をすることが大切です。設置されていることを知らず、トラブルが発生するまで点検や清掃を怠っていたというケースも存在します。
装置の法的な義務は所有者や占有者にあります。しかし実際に保守点検や清掃などの作業は自治体に登録した業者がします。管理行為を適切にするには知識とノウハウが必要ですから、確かな技術力を持つ方に任せれば安心です。もし契約していなかった場合には、地元の自治体に相談することをおすすめします。評判の良い業者を紹介してもらうことができます。
この費用は5人で90万円ほど、7人では100万円ほどとされています。土地のある場所によっては公共の下水道を引くか装置を設置するか選べることもあります。いずれかを選ぶかは、設置と維持に必要な費用を比較検討して決めると良いでしょう。

■浄化槽の取り扱いについて
一般的な家庭で使用されている浄化槽は、嫌気ろ床接触ばっ気方式と呼ばれるタイプです。このタイプの装置では、水が2つの嫌気ろ床槽を通り抜けることで水を浄化しています。両方の部屋では、それぞれ異なる種類の微生物が溶解性物質を除去してくれるというものです。その微生物は水中に含まれたままなのかと心配になりますが、その後水は沈殿槽に送られ、そこで微生物の塊である汚泥は取り除かれます。浄化された水は塩素剤により消毒され川へと流されます。
正しく取り扱うためには、仕組みを理解することが大切です。さらに適切な取り扱い方を覚えることが重要です。まずこの電源を切ってはいけません。内部には水を綺麗にしてくれる微生物がいますが、酸素が送られてこないと活動ができなくなってしまう種類もいます。電源を切ると空気が送られなくなるため、活動も止まってしまいます。そうなると死滅する可能性もあるので注意しましょう。
故障を防ぐには、まず紙おむつや生理用品などの水に溶けにくいものをトイレに捨てないように注意しましょう。これらを捨ててしまうと水に溶けない為、詰まる可能性があります。食用油や生ゴミ、食べ残しなどもシンクに直接捨てると過度の負担をかけてしまいます。食器の油汚れは直接流すよりもまずティッシュペーパーなどで大体の油汚れを拭き取ってから食器洗いをする、などの一工夫を加えるだけで詰まりを防げます。むやみに食用油や食べ残しをシンクに捨てると、故障したり放流水が汚れる原因になるので注意が必要です。もし何らかのトラブルが発生した時には、評判の良い業者に相談しましょう。自分で対処しようとするよりも状態を悪化させる事はありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ